イベント&ギャラリー

これからのイベント

Human Figure Photo Workshop with Live Model

美術モデルによる身体描画写真のライブ教習会

実際に美術モデルを撮影しながら、人体を美しく撮影するテクニックを学んで頂きます。

今回は自然光撮影を基本とし、ムラのないフラットな光をつくる事よりも、古民家の陰の多い空間の中で、いかにその陰を活かしつつ人の体を美しく描き出す光の魅力を生み出すかに重きを置きます。

  • 4月14日(木曜日)13時30分~15時00分(モデルポーズ時間は合計1時間程度)
  • 場所は幻灯舎洛央スタジオ(主に二階の和室空間を使用します)
  • 参加費:モデル代と場所代=合計12,000円 を参加全員で分担 + 講習費=各自3,000円
  • 参加人数は合計4名まで(例:計3人の場合 一人につき4千円+3千円=7千円の参加費)
  • 指導はGap Art Project の高田一樹(幻灯舎)がさせて頂きます
参加希望の方はこのリンクから参加希望人数をお知らせください

現在お申込中 2名

今回のモデルを実際の講習会場で撮影しています

自然光をメインとするため、当日の天候により目指す絵作りなどは変わります。
アベイラブルライトを活かして良い絵を創る意識でおこしください。

Gap Art Project について

Gap Art Project は、写真事務所「幻灯舎」を運営する写真家の高田一樹が設立したアートプロデュース団体です。
団体と称してはいますが、今のところ敢えて所属メンバーなどは置かず、高田が主催するイベントにご参加頂いたり、趣旨の合うイベントに参加させて頂いたりして、その時々に様々なアーティストさんと共に活動していくかたちを取っています。
それは、隙間にはまり込むアートや学術などに取組むという趣旨をここでの活動スタイルにも良いかたちで活かしていくために、人間関係を固定化せず、また高田一人が多くの方と協力しあえるところで協力しながら流動的に隙間の中を泳ぎ渡っていくという流れを作りたいと考えているからです。
既存の常識と新しい流れの隙間、収益化と自由な活動内容の隙間、楽しんで貰うことと楽しむことの隙間・・・
その他多くお場面で多くの隙間にはまり込む広い意味での表現者や研究者といった皆様、何か接点が見つかりましたら、ぜひこの高田と何かでご一緒させてくださいませ。

過去の企画

「幻灯舎 初期10年写真作品展」開催のお知らせ

2月22日から二週間 独自企画として「幻灯舎 初期写真作品展」を開催します。

今展では幻灯舎スタジオ二階和室を展示場に、幻灯舎設立後の十年の間に主に太秦スタジオで撮影した写真作品を展示いたします。

2010年前後に撮影した写真を中心に近年は観て頂く機会のなかった作品を振り返り展示しますので、スタジオを見に来て頂く機会のなかった方も、この機会にぜひ一度お越しいただければ幸いです。

幻灯舎洛央スタジオは本年4月で運営二年目に入ります。
世情を考慮して周年祭などは企画していませんが、今後はスタジオのレンタル事業も本格化し、和室展覧会場としての利用もよりしやすくしていきます。
この機会にお気軽に現地をご覧ください。

”GALA de portraits KYOTO 0th” 出展同時企画

このイベントは幻灯舎の髙田が参加させて頂く「ギャラリーマロニエ」で開催の「GALA de portraits KYOTO 0th」と同時期にいたします。
(フェイスブックのイベントページ https://fb.me/e/377czO5gz)

「マロニエ」と幻灯舎スタジオは徒歩距離ですから、あわせて両方に来ていただきたいのでその時期にしています。

会期の重なっている日(幻灯舎の前半日程)は以下のとおり予約で対応させて頂きます。
ご遠慮無く「何日の何時頃に行くから居て」とご連絡ください。
※「マロニエ」での展示の都合で幻灯舎を開けられない日時もあるかもしれません。

◎ 会期前半 2月22日(火)から27日(日)

※ 予約制(当日連絡OK)
毎日11時から19時の間でご予約のある時間のみ

この期間は「ギャラリーマロニエ」での展示にも参加しております。
事前に来られる時間をメッセージやラインなどでお知らせください。
「マロニエで落ち合ってそこから案内して」というのも歓迎です。

◎ 会期後半 3月1日(火)から6日(日)

※ 予約不要
毎日13時から19時 この時間帯いつでもご来場ください

今のところ、前半と後半で展示替えの予定はございません。 

: 作品展示イベントのお知らせ :

11月16日(火曜日)~21日(日曜日)

髙田一樹(GAP)とKAORINの共催・同時代ギャラリーさんのご協力でアート展示販売イベントを開催します。

今回の展示企画は保護猫活動へのチャリティーを主眼としており、収益の一部は保護猫活動をされている団体や個人の活動費に寄付させて頂きます。

多くの美術作家の方々にご参加頂き、ギャラリー内では美術作品・作品集・様々なグッズの展示販売をいたします。
また、何人かの作家さんにはボディーアートなどのライブ制作もして頂きます。
(ご来場の方への肌絵やメヘンディアートの描画・施術あり)

髙田はギャラリー内でボディーアートやポートレイトの撮影サービスもさせて頂くきます。

: 詳細 :

”Wrapped in kindness” アート作品&グッズ展示販売チャリティーイベント
Gap Art Project & KAORIN 共催 (協力:同時代ギャラリー)

日時:11月16日(火曜日)~21日(日曜日) 12時から19時(最終日は17時まで)
会場: 同時代ギャラリー メインギャラリー (京都府京都市中京区三条通御幸町東入弁慶石町56 1928ビル2F)

::参加作家::

東 學 (188)
新竹 季次
江口 媛菜
柴垣 めぐみ
Chieko Art Works
中尾 少風
中村 きょう
萌木 ひろみ
籔本近己
山際 マリ
山村 祥
髙田 一樹(幻灯舎)

ご購入頂いた展示作品は後日郵送の場合もございます(送料別途)

タイトルとURLをコピーしました