これまでのイベント

これまでに開催したGAP制作のイベントです


「スペースフォト・オンラインギャラリー」企画 第二弾!

表現者の肖像

高田一樹 アーティストポートレイト個展と撮影”され”会

京都市の同時代ギャラリーで、アーティストフォトの写真展を開催いたします。
それに合わせて、ギャラリー内で実際にアーティストポートレイトを撮影する撮影会(高田の言い方では「撮影され会」)も開催いたします。

※ 全体の日程
2020年12月15日(火)~ 12月20日(日)
12時から19時(最終日は17時終了)

※ 特異日
17日(木)写真展示・撮影会 ともに開催無し
18日(金)写真展示は開催 撮影会のみ無し

++
撮影会の詳しい時間帯については以下の詳細をご参照ください
++

※※企画その1※※
: アーティストポートレイト写真展 :

※ 開催日時
12月15日(火)~ 20日(日) 12時から19時
(最終日は17時終了)

※ 特異日
17日(木)写真展示・撮影会 ともに開催無し
18日(金)写真展示は開催 撮影会のみ無し

※ 会場 同時代ギャラリーBis
(京都市の中心部、三条御幸町東南角1928ビル2階)

※ 入場無料

※ 開催趣旨
私はいろんな分野の方のアーティスト写真を撮らせて頂く機会が多いのですが、
「自分の創作活動を表現するようなプロフィールフォト」、「自分が被写体になった場合の写真としての表現というのがイメージしにくい」、とか、そういうお声もよく耳にします。
また、専門のモデルさんちゃうのにそんなんえぇ写真にならんし…というご心配もままあります。

なので、ここはまず、
大丈夫でっせ、いろいろな撮り方見せ方が有りまっせ、よくある商品的なカタチにこだわらず自由に一緒にやってみましょう!
ということで、
私が撮らせて頂いたこれまでの写真作品を展示して見て頂くことを企画しました。

15日の火曜日から、私が今までに作品やアー写として撮らせて頂いた、モデルや写真関係がメインの活動じゃないモデルさん、つまり画家やダンサーや、といったいろんな表現者の方々の写真を数点ずつ展示させて頂きます。
各モデルさんには、アーティストさんとしての活動の助けに僅かながらでもなるよう、その方の紹介や作品サイトアドレスなどを頂いてそれも写真と一緒に掲示します。

そして、実際にアーティストフォトを撮影するミニ企画も並行して開催します。

プロフィールフォトを必要とされるいろんな分野の方、創作的な写真撮影をされてみたい、それを何か自分の活動に活かしたい、という方、こちらにもぜひご参加くださいませ。
土日限定でプロのヘアメイクも可能です。

※※企画その2※※
: アーティストフォト撮影会 :

アーティストさん支援企画Vol.2

9月に開催した、作品撮影会の続きです。
今回はアーティストさんがWebでも印刷媒体でも、また何かに応募したりされる場合にも、自分自身を写真で表現するものとして使って頂けるポートレイトを撮影します。

※ 開催日時
12月15日(火) 12月16日(水)
12月19日(土) 12月20日(日)

12時から18時(最終日は16時終了)

!!
期間中 17日(木)と18日(金)は開催がございません!
(17日は展示もお休み 18日は展示ご観覧のみ可能です)
!!

※!当日飛び込みでOK!予約不要です。
(混雑時は、密をさけるため、お時間までギャラリー外で時間をつぶして頂く場合があります)

コロナ禍でオンラインなど新しい活動を模索されているアーティストさんへの支援企画。
という趣旨で、今回もまた、通常の撮影料金を完全に度外視した安値で撮影をいたします。

※ 料金
1カット = 1,000円
・ 同じ場所・衣装・ポーズ・ライティング で撮影した数ショットから1点選んで頂いて仕上げ調整をして後日オンラインのダウンロードでお渡し。
・ ディスクなどでのお渡しは+500円(送料別)
・ シミ消しなどの細かいレタッチ調整は+500円

背景は同時代ギャラリーBis内、西階段、または黒一色のスタジオバックでの撮影。

※ 特別企画
この趣旨に賛同してくれたプロヘアメイクアーティストのGokkyun Emiさんがヘアメイクをアーティストさん支援の特別料金でしてくれます!

ヘア・メイク どちらも各30分程度で料金 = 5,000円の特別料金です。

※ ヘアメイク可能なのは土日のみ
開始時間 19日(土) 11時半から18時 20日(日) 11時半から14時 の間でご指定ください。
!ヘアメイク希望の方は金曜日までのご予約必須です!

予約サイト
https://ws.formzu.net/fgen/S49257890/

以上、展示及び撮影は感染症防止対策をして行います。
ギャラリー入り口での手の消毒、マスクの着用をよろしくお願い致します。
また、ギャラリー内は適宜換気を行いつつ暖房する、という運営になります。
写真家・メイクアーティスト・ギャラリースタッフ、皆可能な限りの感染対策を実施しつつ運営してまいりますので、ご来場の皆様もどうかご協力よろしくお願い致します。

今回のヘアメイクさんご紹介

Gokkyun Emi ヘアメイク業績サンプル

ヘアメイク希望の方は こちらのフォームよりお申し込みください


「スペースフォト・オンラインギャラリー」企画 第一弾

今回の取り組みは終了いたしました
これからも同企画は更に続けてまいります
よろしくお願いいたします

GAP企画作品撮影会フライヤー画像1作品を撮られる&展示する会

作家さんが持ち込まれた作品をGAPの高田がプロカメラマンの技術と機材で撮影、撮影された作品のうちから数点を密にならない広々とした会場で展示できる、作家さんのためのイベントです。

この企画はGAPの「スペースフォト・オンラインギャラリー」企画の一環です。

本事業は「新型コロナウイルス感染症の影響に伴う京都市文化芸術活動緊急奨励金」の採択事業です。
コロナ禍で新しい展示の方向性を探るアーティストの取り組みを支援するため、通常の撮影料金・展示料金よりも大幅に安い料金で実施いたします。

新型コロナ禍で展示やイベントの中止が相次ぐ中、オンラインでの作品発表や密を避けうる大きなギャラリーでの展示を必要とされている作家さんが多い状況を考え、このような企画をいたしました。

※ 新しい時代のオンライン展示スタイルを探るべく、単なる作品複写だけでなく、作家さんご自身と一緒に表現を模索しつつ、ギャラリースペースの空間性を生かした作品写真・作家さん自身と作品を合わせての撮影、作家さんのプロフィールフォト、などにも積極的に取り組んでいきたいと考えております。

詳細事項

撮影会場は同時代ギャラリーBisの特設撮影ブース、作品の展示は同メインギャラリーとなります。

会場詳細は同時代ギャラリーのサイトにてご覧ください。
同時代ギャラリーへのリンク

9月9日(水)~13日(日)12時から19時(最終日は17時)
(撮影申込みは閉場時間の1時間前まで)
!作品撮影のプロがスタジオと同じ照明設備で持参された作品を撮影します!
※ ギャラリー内の情景を活かした撮影・自然光主体の情景的な撮影もぜひご一考ください。
※ 作家さんと作品を一緒に・作家さん自身のアーティストポートレイトなどもおすすめしたいです。

!持参された作品は期間中そのまま同時代ギャラリーで展示できます!
※ 撮影数は無制限で、展示はその中から最大三点までです
(作品サイズによる調整あり)
※ 作品販売も可能です。
(ギャラリー規定の販売マージンは必要です)

参加費 = 会場費 3000円 + 撮影費 一点/一種につき500円
※ 時間的な都合などで展示なしでもかまいませんが、その場合も会場費は必要です。※ できるだけ両方に参加してください(展示だけの参加はできません)

予約不要 期間中に直接作品を持ち込んで下さい。
作品は平面も立体もOK・大きさはお一人でギャラリー内へ持ち込める程度まで。
複数回に分けての持ち込み可。撮影や展示は早く持ち込まれた方優先です。
※ 三密回避のため多人数での持ち込み・設営は避けてください

作品はご自身で持ち込み持ち帰り、開封梱包もご自身でお願いします。
(ガラスやアクリル入りの額装のままでは撮影できません)
※ 撮影内容や作品の種類によっては作家さんに撮影のお手伝いをお願いします。

撮影データは原則として後日ファイル転送サービスへのアップロードでお渡しとなります。
(一般的なサイズの画集の印刷データとして十分使える解像度のデータです)
※ ご希望により明度/色調整のご希望には一往復分無料で対応します。
※ 今後のイベント情宣用に写真を使用させて頂くお願いをする場合もありますが、必須ではありませんし、もちろん当方が撮影データを許可なく利用することは絶対にありません。

皆様のご参加をお待ち致しております!


『死と生の巡礼』

2020年 1月7日より12日まで開催

「同時代ギャラリー」「光画社」による共催、企画・制作は光画社の高田一樹が新たに立ち上げたアートプロデュース団体「Gap Art Project」です。

GAPイベント「死と生の巡礼」フライヤーイメージ・ 企画者より ・

新年早々、なんか抹香臭いなぁ… という印象を受けられるかもしれない「死と生の巡礼」というタイトルですが、いろんな解釈が可能なとても幅の広いテーマとして設定いたしました。
参加作家の一人としての企画者自身は、この文言を「人生は祭り(祀り)だ」というのと同義くらいに捉えています。

テーマの受け取り方、取り組み方は展示参加の作家各々に様々で、その解釈を味わって頂くのも一つの目的です。
作品展示は本当に多士済々、企画展はもとより公募展でもお一人に2m前後の壁幅を使用可能として、余裕を持った展示組みをして頂けるようにいたしました。

更に、週末にはギャラリーライブイベントとして、様々はライブ企画をいたします。
そちらはまさに祭りのつもりで賑やかにやりたいと思っています。

ぜひじっくり味わいに楽しみにお越しくださいませ。

・ 会場 ・

同時代ギャラリー全館

京都市中京区三条通御幸町東南角 1928ビル2F
TEL : 075-256-6155
(ビル正面と西側の二つの入口があります 11日13時~のイベント開催中は正面入口のみ)

・ 作品展&ギャラリーイベント ・

<< 美術展示の部 >>

会期 : 2020年1月7日(火)~12日(日) 11時~19時(最終日は17時まで)

ギャラリー全館を使って二つの展示をおこないます。

「死と生の巡礼」美術展示バナー・ 企画作品展 ・ @ギャラリーbis
(こちらは11日13時~のイベント開催中のみ有料限定入場となります)

東學
椎木かなえ
新竹季次
貴志在介
岡本梨奈
臣相実験
(近藤宗臣×相良つつじ)
Jyari
髙田一樹

企画美術展出展作家紹介

・ 公募写真展 ・ @メインギャラリー
(こちらはイベント開催中でも無料で観覧頂けます)

JLG.Ohji
S.Syoko
寫眞屋蒼(アオ)
武甕育子
閔柚子
MakotoVS

森弘道
籔本近己
ゆうきたま
游夜

公募写真展出展作家紹介

・ 制作物販売 ・ @正面入口脇の小部屋

展示作家や展示作品モデルが制作した工芸品や作品集などをこちらで販売いたします。
※ 企画展参加作家のうち、岡本梨奈はこの部屋で作品展示と工芸品販売を合わせていたします。

+ 西側入口階段にも、主に光画社(高田一樹・Jyari)の作品を展示します。

<< ギャラリーライブイベントの部 >>

開催日時 : 2020年1月11日(土) 13時~20時頃 & 12日(日)13時~16時頃

企画展・公募展の両会場で土曜と日曜の二日間、様々なライブイベントを行います。

「生と死の巡礼」ライブイベントバナー・ 11日 ・

※ イベントタイムラインについては下の図表をご参照ください ※

「死と生の巡礼」11日イベントタイムライン
最初のから(メインギャラリー側だけ)少し変わっています

<東學 肌絵ライブ アートフォトセッション(撮影会)>

東學氏紹介バナー絵師 東學が会場内でモデル二人に肌絵をライブペイント 肌絵を施されたモデルをギャラリー内で撮影して頂けます。
ペイント中の撮影も可能、撮影タイム中は交代チケット制で個撮となります。
(モデル 晶叶 は肌絵描画前に和装ダンス&緊縛の撮影タイムもあり)

時間帯 = 13時~20時(7時間ずっと撮影可能)

参加費 = 12,000円 個撮チケット 4枚/計40分 付き(追加購入可能)
会場 = ギャラリーbis(南側のギャラリー 開催時間中は入場有料)

※ 完全事前予約制・一般入場不可 ※
参加希望の方は事前にご予約をお願いいたします。

肌絵モデル = 山南あかね & 晶叶(うぶすな)
「死と生の巡礼」肌絵ライブのモデル紹介画像
光画社撮影会でもお馴染みの経験豊富なアートモデルです
「死と生の巡礼」肌絵ライブのモデル紹介画像
LED・バーレスクダンサー< 画像クリックで彼女の性癖バー「うぶすな」のサイトへ>

※ チケットは1枚1,000円で追加購入可能 チケット枚数にかかわらず参加時間は無制限です(基本チケットで合計40分個撮をして、あとは描画中の撮影や別エリアでのイベントや撮影会に参加して…でもOK)

撮影場所 = ギャラリーbis内

白壁エリア・窓前エリア・小部屋、など、展示作品を避けて撮影できるエリアを各所用意します。

その他

光画社からシースルー系の布各種、透ける衣装などを用意・定常光照明機材二組程度とレフ板などを用意します。

<GapArtProject (光画社)の写真イベント>

会場 : メインギャラリー(北側のギャラリー 入場無料)
・ 語るライブモデル撮影 ・ 自然光編(高田) & ストロボ編(Jyari)

人と空間と光と影… それらを観て撮りながら、写真家の思考を全部語ります。

よくあるライブ撮影とは違い、ただ撮るだけではなく、機材のアピールがメインでもありません。
何人かのモデルをいつもどおりに撮影しつつ、ピンマイクを装着して、撮影中に考えていることを可能な限りすべて口に出して語りつつ解説いたします。
(デジタル撮影で、撮った画は大型モニターに映し出します)

何をどう観て感じてどう撮って、ワンショットごとにどんな画ができていくのか。
フィルムしかなかった時代には写真家のコンタクトプリント拝見なんて企画があって、
撮影過程を全部見せますというのがとても勉強になりました。
これは、それ以上に全部丸出しです(汗)

他人の撮影の中身に興味のある方、それらを知って自分の撮影に活かしたい方、撮る側が何を考えてどうしてそうなってるのか知りたいモデルさん、などなど、ぜひお気軽にご観覧ください。
質疑応答もいたします。
自分もデモシュートやってみたい!という方も募集中!!

・ モデルと写真家の作品をはさんでのトークライブ

今回の展示作品のモデルや光画社の撮影会などに出ているモデルと光画社の撮影者によるトークショー
展示していない作品もいくつかモニターで上映しながらいろんなことを語り合います。

公募写真展に参加の作家によるギャラリートークの時間も設けます。

・ モデル撮影タイム

ライブシュート&トークライブに参加のモデルを実際に撮影して頂けます。

撮影エリアはギャラリー内の空きスペース(西側1F~2Fの階段部分含む)やギャラリー周辺の屋外など
(他の商店や3Fシアターに干渉しないところでお願いします)

モデルフィーは 撮影チケット制 1,000円/10分
(衣装などは当日の各モデル任せ 撮影場所もモデルと相談で決めてください)

・ Jyariの翅による ”hane photo” 撮影”され”会

立体作家としてのJyariが制作している「翅」を装着した方を、写真家としてのJyariがその場で撮影します。

参加費 3,000円/撮影10分程度
撮影データはすべてお渡しします(ご持参のSDカードか後日アップロードにて)

※ 他 突発で撮影企画やダンスライブなどがあるかもしれません
・ 12日 ・

< 陸奥賢 「京の死生観光を巡る」 >

まち歩きツアー&ギャラリー内でのトークライブ

同時代ギャラリー界隈のまち歩きです。
大阪七墓巡り復活プロジェクト主宰・大阪モダン寺巡礼主宰の死生観光家の陸奥賢がナビゲートします。

※ 街歩きツアーは有料(1,000円/お一人)予約優先 です
※ ギャラリー内は終日無料観覧自由です

13時半 ギャラリーで集合・出発(雨天決行/荒天中止)
15時頃より ギャラリー内でトークライブ

ふつうの裏歴史的なものより更に濃く一人ひとりに身近な京都の町の人間史を、異能の観光家 陸奥賢が皆さんと一緒に巡り語ります